地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所

アクセス 研究 依頼試験 設備使用 技術相談

ICALEO2014 Poster presentation Contest 3rd Place winner

受賞者

山口 拓人
萩野 秀樹

授与者 Laser Institute of America
受賞日

平成26年10月22日

受賞対象テーマ

"Surface Hardening of Titanium by Laser Surface Alloying using Polyviny Alcohol Film"
「ポリビニルアルコールフィルムを用いたレーザー合金化によるチタンの表面硬化」

概要

  チタンおよびチタン合金は高い比強度や耐食性に優れるといった種々の利点を有し、航空機材料や生体材料などの幅広い分野で利用されている。しかし、チタンは耐摩擦性に乏しいという欠点があり、摩擦環境下での使用には制約がある。本研究ではチタンの耐摩擦性の向上を目的として、レーザー合金化プロセスの開発を行った。
チタン表面にレーザー光透過性の樹脂を付着させレーザーを照射すると、チタン/樹脂の界面で樹脂の熱分解生成物とチタン基材とが反応することで、表面に非常に硬質なチタン系セラミックスの皮膜が形成され、耐摩擦性が向上することを見出した。



はじめてご利用の方へ
  • サイバーセキュリティ啓発
  • ものづくり設計試作支援工房
  • 開放研究室公募
  • 電子・光機器評価支援センター
  • 技術講習・技術セミナー開催案内
  • 基本理念
  • 開放研究室
  • ワンデイサービス
  • メールマガジン
  • 産技研PR動画
  • 各種パンフレット
  • 蔵書検索