地方独立行政法人大阪産業技術総究所

アクセス 研究 依頼試験 装置使用 技術相談

技術賞

受賞者 機械金属部 金属材料系  橘堂 忠
(所外共同受賞者2名) 
授与者 (社)日本鋳造工学会
受賞日

平成16年5月24日

受賞対象テーマ ステンレス球状炭化物材料

概要

 ステンレス溶湯に高炭素、高バナジウム量を添加し、ニッケル-マグ ネシウム合金添加により、バナジウム炭化物を球状化した新しい鋳造材料である。炭化物を球状化することにより、炭化物の体積を最小とすることで、腐食が最 も進行しやすい基地-炭化物界面を最小とすることで、耐食性を確保しつつ、炭化物の存在により耐磨耗性が発現する。また、炭化物が従来の耐磨耗性に見られ るような板状や針状でなく、球状であるため靭性も確保される特徴を有している。耐食性と耐磨耗性の両特性を有する新規鉄系材料を開発した。