大阪府立産業技術総合研究所情報電子部信頼性・生活科学系>包装・振動衝撃分野

最終更新日:2014/7/24

包装・振動衝撃分野


分野紹介  研究テーマ  研究成果・技術移転  依頼試験  機器貸与  メンバー
分野紹介
 包装・振動衝撃分野では、輸送包装技術を中心とした振動・衝撃・荷崩れ(段ボール)・温湿度などから、製品を保護する技術を担当しております。関連するあらゆる技術相談(無料)、受託研究(有料)、実用化指導(無料)に対応しますので、新製品の開発・改良、技術的トラブルの解決などにご活用ください。
※技術相談は、技術支援センター(電話:0725-51-2525)まで連絡頂くか、インターネット技術相談をご利用ください。

輸送包装ディスカッション2014
日時 2014年9月19日(金)13:30〜18:00 (懇親会18:00〜19:30)
場所 IMV株式会社 セミナールーム(大阪市西淀川区竹島2−6−10)
日本包装学会輸送包装研究会では、輸送包装技術向上のための標記イベントを開催します。
このイベントでは、輸送包装分野の初級レベルの方から上級レベルの方までを一堂に会して、「輸送振動」をテーマとしたディスカッションとテストラボの見学および懇親会を行います。ディスカッションでは、事前に参加者からアンケートを収集し、その内容を題材にして参加者全員で議論を進めます。ここでは、参加者全員が質問者と同時に回答者となります。みなさまの積極的な議論を期待いたします。またラボ見学会では、振動試験装置や高速度カメラを用いた実演見学を予定しています。
輸送包装ディスカッション2014 参加申込書

LS-DYNA(有限要素法解析ソフト)が使用できます。

A8209非線形動解析システム(1800円/時間)が新たに導入されました。多数のご利用をお待ちしております。
受託研究も可能です。

 [説明]
 コンピュータ上に仮想的に製品モデルをつくり、有限要素解析(構造解析、衝撃解析、固有値解析など)を実施できます。
 そのため、設計段階で荷重時の製品の最大応力やその場所、落下時の製品の変形状態などを把握できます。

 [仕様]
 ソルバー:LS-DYNA(LSTC社製)
 プリポスト:JVISION(株式会社JSOL製)
 解析用コンピュータ:Precision T7400(DELL社製)


※A2063輸送環境用恒温恒湿槽現(温度・湿度を調整できる環境槽、760円/時間)が、比較的ご利用しやすくなっております。 
多数のご利用をお待ちしております。
温度範囲:-40℃ 〜 +80℃  内寸法:幅3020mm × 奥行き1970mm × 高さ1900mm

※A4026振動試験装置の利用率は高く、約1ヶ月先まで予約されている状況が続いております。

研究テーマ
 ・包装貨物が輸送時に受ける振動衝撃の評価方法向上に関する研究
 ・ガタによる包装品の非線形振動に関する包括的研究
 ・輸送時の製品振動に基づいた振動耐久性評価システムに関する研究

研究成果・技術移転
【研究成果】
 ◆ 蓄積疲労振動試験システムの開発 (2006〜)
 ◆ 包装貨物内のガタが及ぼす振動耐久性への影響に関する研究 (2002〜)
 ◆ 製品の衝撃強さ評価に関する研究 (1997〜)
 ◆ 最適緩衝包装設計手法に関する研究 (1992〜)
 ◆ 緩衝材の性能評価に関する研究 (1991〜)

【技術移転事例】
 ◆ 蓄積疲労振動試験システム (IMVと共同開発)
 ◆ 車両用衝突緩衝装置 (NKCと共同開発)
 ◆ 地震転倒防止装置 (東洋ベンディングと共同開発)

【研究発表・講演・イベント】

 (セミナー) 和泉イブニングセミナー
   2009.11.12 第1回 「衝撃試験の基礎から応用まで」 資料1(英語)資料2(日本語)
   2009.11.19 第2回 「圧縮試験の基礎」
   2009.11.26 第3回 「緩衝設計の基礎 〜緩衝理論から具体的設計技法まで〜」
   2009.12.3  第4回 「振動試験の基礎から最新動向まで」

 <お知らせ>
    2008.7.7より、蓄積疲労振動試験システムの機器貸与開始

 過去の研究発表・講演・イベントはこちら

 技術文献一覧

依頼試験
段ボール包装貨物について、【振動試験】・【衝撃試験】・【落下試験】・【圧縮試験】などの依頼試験を実施しております。

※試験条件によっては、機器貸与にてご対応させて頂く場合もございます。
 ご理解のほど、よろしくお願いします。

機器貸与
【振動試験機】・【衝撃試験機】・【落下試験機】・【圧縮試験機】などの機器貸与を行っております。
機器の使用方法につきましては、職員が指導いたします。(30分当たり2500円)


振動試験装置の利用率は高く、約1ヶ月先まで予約されている状況が続いております。

【主要機器の紹介

試験コード(依頼試験/機器貸与) 試験機名
F206/A4025   大型貨物用振動試験機
F205/A4026   包装貨物用振動試験機
F304,F305/A4010   自動制御型衝撃試験機
F102,F105/A4028   大型貨物圧縮試験機
F101,F104/A4024   箱圧縮試験機
F110/A2063   輸送環境用恒温恒湿槽
・・・/A8208   蓄積疲労振動試験システム
F111/A8210   緩衝材用衝撃試験機
・・・/A9221   3軸振動計および手腕振動測定システム

機器利用料金一覧  機器予約状況


メンバー
職員名 役職 専門分野
 中嶋 隆勝 リーダー
主任研究員(博士(工学))
 輸送包装技術全般、
 製品衝撃強さ・振動耐久性評価法
 振動・衝撃関連の製品開発・改良
 津田 和城 主任研究員(博士(工学))  輸送包装技術全般、
 制御関連技術、
 製品の振動耐久性評価法
 細山 亮 研究員(博士(工学))  輸送包装技術全般
 非ガウス型ランダム振動
 堀口 翔伍 研究員  輸送包装技術全般