地方独立行政法人大阪産業技術総究所

アクセス 研究 依頼試験 装置使用 技術相談

(3/6)ORIST技術交流セミナー・ビジネスマッチングブログ【BMB】第39回勉強会 「具体的事例で学ぼう! 知っておきたい模倣デザイン対策」

日 時:平成30年3月6日(火)15時~17時30分(受付開始:14時30分~)

場 所:マイドームおおさか 4階 セミナー室(大阪市中央区本町橋2番5号)

定 員:40名(先着順に受付、定員に達し次第、締め切ります)

対 象:中小企業経営者・商品開発担当者、デザイナー等



モノ余りの時代でも、差別化された商品・サービスは売れています。わかりやすいのはApple製品です。これは、他社商品とは一線を画したデザインがなされているからです。ただ、商品がヒットすると模倣品が出てきます。

本セミナーでは、模倣品に対してどんな知財対策があるのか、どうすれば有効な知財が取れるのかなどについて、具体的事例を用いてストーリー仕立てで説明いたします。

まだ会員でない方も是非ご参加ください。皆様のお越しをお待ちしております。

 

内 容:

  1. 講演:「具体的事例で学ぼう! 知っておきたい模倣デザイン対策」(120分)

古谷国際特許事務所 弁理士  松下 正 氏

 

◆シーン1

会社Xは、デザイン会社Yに頼んで、商品を発売したが、半年後、中国から模倣品が出てきた。会社Xは、デザイン会社Yに相談。デザイン会社Yは自社で作ったデザインなので、著作権で対応できると考え、専門家に相談した。 さてどうなるのか?

 

◆シーン2

会社Xは、新商品のブランド名を考え、社内デザイナーがこれをデザイン化し使用していた。ところが他社から商標権侵害警告が届いた! なぜなの?どうすればいい?

 

◆シーン3

会社XはデザイナーYにイラストを依頼し、そのイラストをカタログの表紙に使用していた。会社Rから「自社のイラストと似ているので著作権侵害である」と警告がきた。

たしかに、似ているようにも思えるが、どのくらい似ているとダメなのか?

 

◆シーン4

会社Xは、商品Mを10年くらい前から販売し、ユニークな形状として市場を独占。

業界紙などでも取り上げられ、◯◯型といえばX社の商品といわれるまでになった。

ところが最近、似たものがネット上で販売されるようになった。

当初、意匠権の取得を考えたが行っていない。なんとかできないのか?

 

 

  1. 質疑応答:(30分)

講師プロフィール:

古谷国際特許事務所所属。1991年弁理士登録。

得意分野は、ソフトウエアに関する知的財産(ビジネスモデル特許出願、侵害対応、コンピュータプログラムの著作権、画面意匠など)。

2017年日本弁理士会技術標準委員会委員長。

2009年日本弁理士会ソフトウエア委員会委員長。

2014年日本弁理士会近畿支部知財普及・支援委員会委員長などを歴任。

主な著書に「知って得するソフトウエア特許・著作権」(アスキー出版)、「インターネットの法律問題(-理論と実務-)」など。

 

 

受講料:無料

主 催:大阪府産業デザインセンター、(地独)大阪産業技術研究所

共 催:日本弁理士会近畿支部

問合せ:大阪府産業デザインセンター BMB事務局:川本 TEL:06-6210-9491

                             Mail:bmb@oidc.jp

<お申し込み方法>

 参加ご希望の方は、BMBサイト(http://bmb.oidc.jpまたはメール(bmb@oidc.jpにて2月28日(水)までに、お申し込みください。定員を超えた場合はお断りすることがございますのでご了承ください。お申し込みを頂いた方には、返信で受付をお知らせします。

 

なお、メールでお申し込みされる場合は、①会社名、②参加者名、③所在地、④電話番号をご記入願います。