地方独立行政法人大阪産業技術総究所

アクセス 研究 依頼試験 装置使用 技術相談

CAE基礎研修~有限要素法による構造解析に必要な基礎知識~

CAE基礎研修

【有限要素法による構造解析に必要な基礎知識】

近年、製品の強度設計などにCAE(Computer Aided Engineering)が広く用いられています。
これには有限要素法と呼ばれる数値解析の手法が使われており、コンピュータ上で応力やひずみの計算を行っています。

この研修では、CAEを用いた製品の強度設計に必要な材料力学の基礎知識から、
有限要素法の概要、モデル化と非線形解析の基礎などについてわかりやすく学ぶことができます。講師には、
NPO法人CAE懇話会の解析塾講師として多数の受講生を指導されてきた

石川覚志氏をお迎えしています。大変貴重な機会ですので、ぜひご参加ください。

○協力:戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/革新的設計生産技術

「三次元異方性カスタマイズ化設計・付加製造拠点の構築と地域実証」

○大阪技術研では、CAEを活用した研究・支援の強化に取り組んでいます。

 

◆日  時:平成30年1月23日(火) 10:00~16:00

 

◆場  所:(地独)大阪産業技術研究所 和泉センター 2階 研修室(4)(和泉市あゆみ野2-7-1)

 

◆講  師:株式会社IDAJ 石川 覚志 氏

特定非営利活動法人CAE懇話会で解析塾「非線形構造解析」の講師を努められ、これまでにのべ数百人の受講生を指導されています。
また、「<解析塾秘伝>非線形構造解析の学び方(日刊工業新聞社)」「<解析塾秘伝>ゴムの有限要素法の学び方!(日刊工業新聞社)」
の書籍も執筆されている構造解析のスペシャリストです。

 

◆研修概要:(座学形式)有限要素法による構造解析に必要な基礎知識の講義

・有限要素法概要

・モデル化と非線形解析の基礎

・最近の解析事例紹介

 

◆対 象 者:

・構造解析をはじめたばかりで基礎的な内容を学びたい方

・構造解析をある程度使っているが、解析の内容に自信が持てない方

 

◆定  員:先着30名

※ 受講票は発行いたしません。返信で受付をお知らせします。

 

◆費  用:無料

 

◆申込み先:(地独)大阪産業技術研究所 和泉センター 業務推進部

※ お申込みは、メール(gyoumu_seminar@tri-osaka.jp)またはFAX(0725-51-2520)でお願いします。

・お問い合わせ先:業務推進部(TEL:0725-51-2512)