地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所

アクセス 研究 依頼試験 設備使用 技術相談

日本塑性加工学会 優秀論文講演奨励賞

受賞者

機械金属部 加工成形系 中本貴之

授与者 社団法人日本塑性加工学会
受賞日

平成18年1月28日

受賞対象テーマ

炭素鋼(S15C)粉末のレーザラピッドプロトタイピング

概要

 金属粉末レーザラピッドプロトタイピング(RP)法は、金型や機械 部品などの試作・開発や小ロット生産分野で注目されている。しかし、プレス金型のように高強度・高硬度を要求される用途では、耐久性に問題がある。そこで 本研究では、造形物の機械特性を向上させることを目的として、鉄鋼系粉末(炭素鋼)による造形性を検討し、得られた造形物の機械的性質を評価した。その結 果、RP造形物は溶製材に比べると、延性は低いが、引張強さは、ほぼ同等、もしくはそれ以上であることが分かった。したがって、高強度化・高硬度化を実現 できる鉄鋼系粉末によるRP造形の開発指針が得られた点で、今後の発展が期待できる。


はじめてご利用の方へ
  • サイバーセキュリティ啓発
  • ものづくり設計試作支援工房
  • 開放研究室公募
  • 電子・光機器評価支援センター
  • 技術講習・技術セミナー開催案内
  • 基本理念
  • 開放研究室
  • ワンデイサービス
  • メールマガジン
  • 産技研PR動画
  • 各種パンフレット
  • 蔵書検索