地方独立行政法人大阪産業技術総究所

アクセス 研究 依頼試験 装置使用 技術相談

社団法人日本熱処理技術協会賞・論文賞(学術論文)

受賞者

機械金属部 金属表面処理系 岡本明

授与者 社団法人日本熱処理技術協会
受賞日

平成16年11月30日

受賞対象テーマ

燃焼合成法を利用したNi-Al系金属間化合物コーティング皮膜の作製における処理条件の検討

概要

 金属間化合物を作製する方法として、近年、燃焼合成法が注目されて いる。しかし、この方法をコーティングに用いた例は少ない。ここでは、機械部品に多く使用されるSUS304ステンレス鋼を基板として、燃焼合成法を用い てNi-Al系金属間化合物コーティング皮膜の作製およびその処理条件の検討を行った。その結果Alの融点933K程度の処理温度でも密着性の良い皮膜が 得られることがわかった。皮膜の構造については、化合物の生成が認められるとともに未反応相も残った。コーティング皮膜は,ホットプレス圧力を高くするこ とで、最も緻密度が上がり、圧分体成形圧力や処理時間にはほとんど影響されない。燃焼合成反応の詳細を調べたところ、反応は2段階に分かれていることが確 認できた。このことは膜質や密着性と関連し、コーティングにおいては反応プロセスの制御が重要である。