地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所

アクセス 研究 依頼試験 設備使用 技術相談

熱疲労特性に優れる耐熱性 Sn-1Ag-0.3Cu-1Zn はんだ合金の開発

取得学位 博士(工学)
取得者 濱田 真行
取得大学 大阪府立大学
取得日 平成27年9月25日

概要

 Sn-3Ag-0.5Cu 合金は鉛フリーはんだ合金として普及しているが、低価格化を目的としてAg含有量の低下が求められている。この有力候補としてSn-1Ag-0.7Cu 合金が検討されているが、その熱疲労特性はSn-3Ag-0.5Cu合金に比べ劣るため実用上の問題となっていた。本研究では、Sn-Ag-Cu-X 4元系合金に適用可能な高温変形構成式を新たに構築し、構成式を活用した合金設計により、高温での流動応力がSn-3Ag-0.5Cu合金より高いSn-Ag-Cu-Zn 4元系はんだ合金の組成を決定した。さらに実装基板を用いた熱衝撃試験により、新たに開発したはんだ合金はSn-3Ag-0.5Cu合金よりも熱疲労特性に優れることも明らかにした。
 本論文で示される構成式を活用したはんだ合金の設計手法は、Ag含有量が1mass%以下の組成にも適用可能であることから、今後はよりAg含有量を低下させたはんだ合金の開発も期待される。


はじめてご利用の方へ
  • サイバーセキュリティ啓発
  • ものづくり設計試作支援工房
  • 開放研究室公募
  • 電子・光機器評価支援センター
  • 技術講習・技術セミナー開催案内
  • 基本理念
  • 開放研究室
  • ワンデイサービス
  • メールマガジン
  • 産技研PR動画
  • 各種パンフレット
  • 蔵書検索