地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所

アクセス 研究 依頼試験 設備使用 技術相談

β型チタン合金のトライポロジー特性に関する研究

取得学位 博士(工学)
取得者 道山 泰宏
取得大学 関西大学
取得日 平成23年3月31日

概要

 一般的な時効処理条件によってβ型チタン合金のトライポロジー特 性がどのように変化するのか基礎的なデータを収集し、これまでにはなかった時効硬化型の材料の部分的な硬化(表面のみ時効硬化させて厚い硬化層を得る処 理)ができる新しい熱処理方法を確立させ、チタンを機械部品材料として幅広く利用できないか調査検討した。その結果、β型チタン合金のトライポロジー特性 は、時効処理によって析出するα相が深く関係するとわかった。新しい熱処理方法については、レーザを用いた加熱方法(溶体化処理)を行うことで、時効硬化 速度を変化させ、表面に1mm以上の時効硬化層を作ることが実現できた。この方法で作成した時効硬化層も一般的な時効硬化材と同等のトライポロジー特性で あることが確認できた。


はじめてご利用の方へ
  • サイバーセキュリティ啓発
  • ものづくり設計試作支援工房
  • 開放研究室公募
  • 電子・光機器評価支援センター
  • 技術講習・技術セミナー開催案内
  • 基本理念
  • 開放研究室
  • ワンデイサービス
  • メールマガジン
  • 産技研PR動画
  • 各種パンフレット
  • 蔵書検索