地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所

アクセス 研究 依頼試験 設備使用 技術相談

燃焼合成法によるNi-Al系金属間化合物皮膜の作製に関する研究

取得学位 博士(工学)
取得者 機械金属部 金属表面処理系 岡本 明
取得大学 金沢大学
取得日 平成18年3月22日

概要

 Ni-Al系金属間化合物は高融点であり、高い高温強度や優れた耐 酸化性を有することから、Ni基超合金に替わる耐熱構造材料として期待されている。しかし、その脆さゆえにバルク材としての実用化は困難であり、最近では コーティング材料として使用することに注目が集まっている。本研究では、低温かつ短時間で高融点金属間化合物を作製できる燃焼合成法を用い、Ni-Al系 金属間化合物皮膜の作製を試みた。その結果、ステンレス鋼や球状黒鉛鋳鉄からなる汎用の基板上に、接合性の良いNi-Al系金属間化合物皮膜を作製でき た。また、その酸化試験を行った結果、Ni-Al系金属間化合物皮膜はステンレス鋼や球状黒鉛鋳鉄より優れた耐酸化性を有することが明らかとなった。本論 文で得られた結果は、ステンレス鋼や球状黒鉛鋳鉄の高機能化の手段としてNi-Al系金属間化合物皮膜の適用可能性を示す。


はじめてご利用の方へ
  • サイバーセキュリティ啓発
  • ものづくり設計試作支援工房
  • 開放研究室公募
  • 電子・光機器評価支援センター
  • 技術講習・技術セミナー開催案内
  • 基本理念
  • 開放研究室
  • ワンデイサービス
  • メールマガジン
  • 産技研PR動画
  • 各種パンフレット
  • 蔵書検索