地方独立行政法人大阪産業技術総究所

アクセス 研究 依頼試験 装置使用 技術相談

医療健康機器開発研究会 無料体験会のお知らせ  


 当研究所では医療・健康ヘルス分野への参入にチャレンジするものづくり中小企業と共に、同分野への参入障壁(課題)は何かを理解し、自力で解決できる方法を学び、各企業のシーズを活かしたビジネス化を目指した「医療健康機器開発研究会」を2016年10月に発足いたしました。

当研究会では、昨年度に引き続き平成30年4月からスタートする新会員の追加募集をいたします。

つきましては、入会をご検討いただくための企画として、次のとおり無料体験会を実施いたします。

但し、単なる情報収集や医療分野等への参入予定の無い企業およびこれまで無料体験会に参加したことのある企業からのご参加はご遠慮下さい。

<主催>地方独立行政法人大阪産業技術研究所

<共催>和泉市

<協力>日本の技術をいのちのために委員会

<開催日時>

平成30年4月16日(月) 13:00~17:00

<定員>

35名

<場所>

難波市民学習センター (TEL 06-6643-7010)

〒556-0017 大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階 第1研修室

 【地下鉄】「なんば」【私鉄】近鉄「大阪難波」駅、南海「難波」駅【JR】「JR難波」駅上

<費用>無料

<内容>

①「研究会開催にあたり」 国立循環器病研究センター 
       客員研究員 医学博士 妙中 義之 氏

②(仮題)「病院を知るⅠ」
       地方独立行政法人神戸市民病院機構 神戸市立西神戸医療センター 
       臨床工学室 副室長 加藤 博史 氏

③(仮題)「医療機器って何?」      大研医器株式会社 
       企画開発部 薬事・知財課  課長 小林 武治 氏

<無料体験会参加申し込み方法>

 下記のとおり、E-mailにて、ご応募ください。定員に達し次第、締め切ります。

■E-mail記載事項

メール件名:無料体験会参加申込

①会社名、②業種、③所在地、④TEL、⑤参加者の役職および氏名、⑥簡単な参加目的 

■E-mail宛先::takeda@tri-osaka.jp (担当 竹田)

 

※研究会への入会は応募多数の場合、ご希望に沿えない場合がございますのでご了承ください。

 

★★医療健康機器開発研究会の活動について★★

<本研究会の特徴>

①ビジネス化を目的とした医療または関連分野(非医療機器)への参入を目指します。

②本分野の日本国内での第一人者である国立循環器病研究センター妙中義之先生が特別顧問。

③臨床工学およびデザイン分野で実績の有る方を顧問としている。(各分野1名)

④顧問による演習や個別(少人数グループ)相談を介した重点支援。

 毎月1回の研究会(半日)と、最終的にはOJT形式で機器等の開発を目指します。

前年度は、①大阪府内総合病院のドクターからのニーズ、②臨床工学士からのニーズ、③看護師からのニーズを基にOJTで開発を開始しました。

 その他、医療ニーズ収集活動や病院施設等医療現場見学会も実施予定。

 

<重要なお知らせ>

本研究会は、3年間のプロジェクトとして2016年からスタートしました。2018年4月からの一年間はその最終年度に当たります。研究所としましては、本取り組みは継続して参りたいと考えておりますが、その運営形態は未定です。

また、体験会の後、本研究会への入会を希望される場合は原則、年会費60,000円が必要です。

<研究会のホームページ>

/c/izumi_news/iryou_kenko_kenkyu.html/

<担当>

地方独立行政法人大阪産業技術研究所 経営企画本部 企画グループ 竹田 裕紀

〒594-1157 大阪府和泉市あゆみ野2丁目7番1号

   TEL:0725-51-2608・2511   FAX:0725-51-2513

  e-mail:takeda@tri-osaka.jp