地方独立行政法人大阪産業技術総究所

アクセス 研究 依頼試験 装置使用 技術相談

ORIST EXPRESS 和泉センター版 バックナンバー(3)

2017年6月5日発行:[ORIST EXPRESS 和泉センター版] No.1473:ORIST EXPRESS 和泉センター版の運用方法が変更になります!、他5件 配信数:12,133件  
[ORIST EXPRESS 和泉センター版] No.1473:ORIST EXPRESS 和泉センター版の運用方法が変更になります!、他5件 配信数:12,133件
このメールは送信専用アドレスから配信しております。
このメールのアドレスに返信されても申込はできませんのでご注意ください。
お申し込み、お問い合わせはそれぞれの窓口にお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
和泉センターからのお知らせ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

######################################################################
【1】ORIST EXPRESS 和泉センター版の運用方法が変更になります!
   [平成29年7月1日から]
######################################################################

いつもORIST EXPRESS 和泉センター版をご利用いただきましてありがとうご
ざいます。

このたび、平成29年7月1日より、本メールニュースの配信業務をシナジー
マーケティング株式会社に委託することとなりました。

これまで、配信登録の際にご提供いただいている個人情報(※)につきましては、
大阪技術研 和泉センター内のサーバーで管理しておりましたが、配信業務の
外部委託に伴い、シナジーマーケティング株式会社のサーバー内で管理されます。

   ※配信登録の際にご提供いただいている個人情報
    メールアドレス、登録者氏名、会社・組織名称、所属部署、
    役職、住所、顧客登録カード番号

[シナジーマーケティング(株) 参考リンク]
○シナジーマーケティング(株)ホームページ
 https://www.synergy-marketing.co.jp/
○顧客データベースの管理について
 http://tri-osaka.jp/s/4JpWbNHE
○セキュリティ対策の詳細について
 https://www.synergy-marketing.co.jp/cloud/synergy/security/
○個人情報の取り扱いについて
 https://www.synergy-marketing.co.jp/company/privacy/policy/

なお、大阪技術研は、大阪府個人情報保護条例第10条第1項の規定に基づき、
シナジーマーケティング株式会社と個人情報取扱に関する覚書を締結し、
本メールニュース配信業務委託における個人情報保護のために必要な措置を
講じています。

[大阪府個人情報保護条例関連 参考リンク]
○大阪府個人情報保護条例
 http://tri-osaka.jp/s/0TnZE3ro
○個人情報取扱事務委託基準
 http://www.pref.osaka.lg.jp/johokokai/jigyo2/itakukijyun.html

また、メールニュースの配信内容、配信頻度につきましては、これまで通り
運用いたしますので、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようよろしく
お願い申し上げます。

★メールの配信を中止する場合は、冒頭に”解除希望”と記載いただき、
このメール文面をそのままご返信ください。
★本件に関するお問い合わせ先:
 大阪産業技術研究所 和泉センター 経営企画本部 業務推進部
 (TEL)0725-51-2512
=================================================================

######################################################################
【2】地域を支える次世代加工技術者育成事業
   【金属プレスCAE入門研修】
                   (開催日:H29/7/13)のお知らせ
  詳細は下記URLをご覧ください。
 http://tri-osaka.jp/c/content/files/s/H29/seminar-20170713.pdf
######################################################################

 近年、製品の強度設計などにCAE(Computer Aided Engineering)が広く用い
られています。金属プレス加工業においても、CAEを活用した金型および工程設
計により試作回数の削減が図られており、CAEは重要な設計ツールとして活用さ
れています。
 この研修では、金属プレスCAEソフトを本格的に使用した経験の無い方を対象
として、ソフトの基本的な操作技術を体験していただきます。シミュレーショ
ンを行う際の設定の流れについて実際の操作を通じて学んでいただき、今後CAE
解析に取り組むきっかけにしていただければと思います。この機会にぜひご参
加ください。

○協力:戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/革新的設計生産技術
「三次元異方性カスタマイズ化設計・付加製造拠点の構築と地域実証」
○大阪技術研では、CAEを活用した研究・支援の強化に取り組んでいます。

【日時】平成29年7月13日(木)10:00~17:00
【場所】(地独)大阪産業技術研究所 和泉センター(和泉市あゆみ野2-7-1)
【講師】株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部営業グループチーム2
     杉友 宣彦 氏
【研修概要】
 金属プレスCAEソフトウェア「JSTAMP」操作実習(1名1台ずつ使用)
  1.JSTAMP 概要(製品紹介)
  2.JSTAMP 操作体験
   ・ブランク自動展開(ドローフォーム成形でブランク展開をソフトが
    自動で行う様子を体験)
   ・絞り・つぶし成形⇒つぶし加工解析
    (ソリッド要素を使用し、絞り→つぶしの2工程)
【対象者】
 ・金属プレス加工業および金型製造業に従事されている方
 ・金属プレスCAEソフトを本格的に使用された経験の無い方
 ・パソコン基本操作の経験がある方

【定員】先着10名
  ※申込み多数の場合は1社1名に限定させて頂く場合があります。
  ※受講票は発行いたしません。返信で受付をお知らせします。
  ※受講には顧客登録カードが必要です。まだお持ちでない方は、
   申込み方法をご連絡いたします。

【受講料】無料
【申込み・お問合せ先】
(地独)大阪産業技術研究所 和泉センター 業務推進部(TEL:0725-51-2512)
※ お申し込みはメール(fukyu@tri-osaka.jp)またはFAX(0725-51-2520)まで
お願いします。

《申込書》
|--------------------------------------------------------------------
|地域を支える次世代加工技術者育成事業
| 【金属プレスCAE入門研修】
|・会社名:
|・所在地:〒
|・連絡先:電話           FAX
|・参加者:所属:     役職:     氏名:     (K________)
|------------------------------------------------------------------

======================================================================

######################################################################
【3】機器利用技術講習会のご案内
######################################################################
              (地独)大阪産業技術研究所 和泉センター
顧客サービス部
                 和泉市あゆみ野2-7-1
                      TEL 0725-51-2518

 お申し込みはメール(fukyu@tri-osaka.jp)かFAX(0725-51-2520)
 でお願いします。
 
 ■電子メールでお申し込みの場合は、
 (1)会社名
 (2)所在地
 (3)参加者の所属、役職、氏名
  (Kカードをお持ちの方は、K番号もお知らせ下さい。)
 (4)連絡先 TEL、FAX(お持ちの場合)
 (5)開催回数が複数の講習会の場合は希望日程の第1希望、第2希望など
 を電子メールにてお知らせください。
 
 もしくは、メールの本文にあります《申込書》をコピーしてご利用下さい。

  受講者は先着順で決定します。受講票は発行いたしません。返信で受付を
 お知らせします。講習会によっては、すぐに定員に達する場合がございます。
 定員を超えた場合はキャンセル待ちにて受付いたします。

 ※ 受講にはKカードが必要です。
  まだお持ちでない方は、受付の返事の際、申し込み方法をご連絡いたします。
  
 <お願い>
 開催日当日の参加取消しやキャンセルのご連絡なしでご欠席される場合は、
今後のお申込をお断りする場合がございます。
 ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセルのご連絡をお願いいたします。

<機器利用技術講習会>
 --------------------------------------------------------------------
|  「ナノインデンター」
|            (開催日:H29/6/30)

|  詳細は下記URLをご覧ください。 (参加申込み書:PDFファイル)
|  http://tri-osaka.jp/c/content/files/s/H29/H290630_nano.pdf
|--------------------------------------------------------------------
|申込状況の確認はこちら:http://tri-osaka.jp/c/seminar/seminar.html

|当研究所では、この度、公益財団法人JKAの平成28年度公設工業試験研究所等
|における機械設備拡充補助事業により微小領域機械的特性評価装置「ナノイ
|ンデンター」を導入しました。この装置では、硬さ試験だけでなく、連続剛
|性測定や粘弾性測定、ナノスクラッチ試験やナノトライボロジー試験など、
|微小領域の各種機械的特性評価が可能です。そこで、最新のナノインデンテ
|ーション評価技術を広く普及することを目的としたJKA人材育成等補助事業
|として、本装置の機器利用技術講習会を下記の要領で開催いたしますので、
|ご案内申し上げます。

|●内容:H29年度JKA人材育成等補助により、最新型ナノインデンターによる
|室温での硬さ・ヤング率・表面形状測定を実施します。当日は、座学(ナノ
|インデンテーション法の原理と応用、装置の説明、試験手順)と実試験(各
|種試料を用いた測定と解析)を行います。

|●対象機器:ナノインデンター
|●日時:平成29年6月30日(金)13:30~16:40
|●場所:(地独)大阪産業技術研究所 和泉センター
|    (和泉市あゆみ野2-7-1  電話:0725-51-2518)
|●定員:10名(1社2名まで)
|●費用:無料

|《申込書》
|--------------------------------------------------------------------
|テーマ「ナノインデンター」
|・会社名:
|・所在地:〒
|・連絡先:電話           FAX
|・参加者:所属:     役職:     氏名:     (K________)
|------------------------------------------------------------------
======================================================================






〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  その他のお知らせ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

======================================================================

######################################################################
【4】センシング技術応用研究会では、平成29年6月30日(金)に
   センシング技術応用セミナーを開催いたします。
-----------------------------------
【センシング技術応用研究会】からのお知らせ (開催日:H29/6/30)
######################################################################

*****************

2017センシング技術応用セミナー  
テーマ:「バイオセンシング
   --細胞計測、医療診断からロボティックスへの展開--」

日時: 平成29年6月30日(金) 10:00~17:00
会場: (株)島津製作所 関西支社 マルチホール  
☆詳しくは、http://tri-osaka.jp/dantai/sstj/sstjseminor.html 
 を参照下さい。

■所在地 〒530-0012 大阪市北区芝田1丁目1-4 阪急ターミナルビル14階
     TEL (06)6373-6522 FAX (06)6373-6524 
主催:センシング技術応用研究会、(一社)大阪府技術協会
後援:(地独)大阪産業技術研究所

■参加費(テキスト代・消費税を含む)
 主催・協賛団体会員:8,000円、 一般:10,000円、 学生:3,000円
 協賛団体:
(一社)電気学会、 (一社)電子情報通信学会、
(一社)次世代センサ協議会、 (一社)日本機械学会、ニューセラミックス懇話会、
(公社)応用物理学会     (一社)KEC関西電子工業振興センター他15学協会

※協賛団体の詳細につきましては、センシング技術応用研究会事務局に
 お問い合わせ下さい。

■定員:60名(先着順)    ■申し込み締め切り:6月27日(火)
■申し込み先・問い合わせ先
 センシング技術応用研究会  
  〒594-1157 大阪府和泉市あゆみ野2-7-1  大阪産業技術研究所内
   TEL :0725-51-2534    FAX:0725-51-2597  
   E-mail:sstj@dantai.tri-osaka.jp  
    URL:http://tri-osaka.jp/dantai/sstj/
  ※参加者名、会社名・学校名、連絡先住所・電話をご記入の上、
   申し込み先にメールまたはFAXで、お申し込みください。
------------------------------          
                                   
  開会挨拶 センシング技術応用研究会 会長  奥山 雅則 氏     
<講演>
1.「生命機械融合ウェットロボティクス、LiVEMechXが拓くリビングデバイス」
      大阪大学 工学研究科機械工学専攻 教授 森島 圭祐 氏

2.「機能性材料を用いたフォトニクスデバイス作製と医療診断用センサーへの応用」
      大阪府立大学大学院 工学研究科 准教授 遠藤 達郎 氏

3.製品紹介「走査型プローブ顕微鏡SPM-9700HT 細胞の物性測定へのアプローチ」  
(株)島津製作所 分析計測事業部 グローバルアプリケーション開発センター
光・観察グループ  主任 中島 秀郎 氏 

      --- 昼休み ---

4.「マイクロ・ナノメカトロニクスを基盤としたバイオ計測・操作の新展開」
  名古屋大学大学院 工学研究科マイクロ・ナノ機械理工学専攻 
教授  新井 史人 氏
       --- 休憩 ---

5.「バイオミメティクスから見たセンシング
  -  視覚情報処理とナノスーツを例として]
    浜松医科大学・医学部・総合人間科学・生物学 教授 針山 孝彦 氏
     
6.「エクソソーム医療への応用を目指した単一ナノ粒子センシング」
     東京大学大学院 工学系研究科 研究員 赤木 貴則 氏
7.製品紹介
「 ゲノム医療に適する極レア細胞の分取濃縮と単一細胞分注の製品技術紹介
(On-chip SortとOn-chip SPiS) 」
(株)オンチップ・バイオテクノロジーズ 開発部 
取締役 開発部長 武田 一男 氏

*****************

 ☆皆様のご参加をお待ちしております。

======================================================================

######################################################################
【5】<<セミナー>>【事業推進セミナー】
   宅配業界で何が起きている?アマゾン×ヤマトに見る
   21世紀型流通・物流の進路とは?
---------------------------------
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=23527
【大阪産業創造館】からのお知らせ      (開催日:H29/6/21)
======================================================================
ヤマト運輸の宅配危機など社会問題となっている「物流・流通」にフォ
ーカスしたセミナー。「ひるおび!」「とくダネ!」など各種メディア
で活躍する物流専門のコメンテーターが、これからの日本の物流・流通
の未来を解説する。

●日時 6月21日(水) 14:00-16:00
●場所 大阪産業創造館4F イベントホール
●費用 2,000円/名
●申込 上記のURLからオンラインにてお申し込み下さい。
●問合 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局 TEL:06-6264-9911
●主催 大阪産業創造館(公益財団法人大阪市都市型産業振興センター)

======================================================================

#####################################################################
【6】「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会 ポスターセッション
https://www.knowledge.maff.go.jp/blog/2017/05/post-59.html
-----------------------------------
【農林水産省 「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会】
     および【関西大学】からのお知らせ(開催日:H29/6/13)
#####################################################################

農林水産省は、農林水産・食品分野に異分野の知識や技術を導入し、革新的な
技術シーズを生み出すとともに、それらの技術シーズを事業化・商品化へと導
き、国産農林水産物のバリューチェーンの形成に結びつける新たな産学連携研
究の仕組み―「知」の集積と活用の場―の構築に取り組んでいます。このよう
な認識に立ち、共に行動することを基本的な考え方として、2016年4月21日、
民間企業、生産者、大学、研究機関、非営利法人等の多様な関係者が集まり、
「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会が発足しました。

「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会では、6月13日に関西大学 千里山
キャンパスでポスターセッションを開催します。
農林水産分野・食品分野と異分野との融合による、農林水産・食品分野におけ
る新たなイノベーションの創出を目指して、出展者の研究概要や技術シーズ等
をポスターを使って発表し、来場者との交流を図る場となっております。

ご来場をお待ち申し上げております。

ポスターセッション概要
【日 時】平成29年6月13日(火) 13:00~17:30
     ※閉会後、同会場内で会費制情報交換会を開催(18:00~19:30)

【会 場】関西大学 千里山キャンパス 100周年記念会館
     (住所=大阪府吹田市山手町3-3-35)
     http://www.kansai-u.ac.jp/global/guide/access.html

【詳細・お申し込み】
   以下のURLをご参照下さい。
   https://www.knowledge.maff.go.jp/blog/2017/05/post-59.html

【お問い合わせ】
   農林水産省「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会 事務局
   (株式会社リベルタス・コンサルティング)
    担当者:有泉、清水(鉄)、五十嵐
    電 話:03-3556-6360
    メール:maff-session@libertas.co.jp
==================================================================

◆--------------------------------------------------------------------
《施設開放(貸ホール・貸研修室)のご案内》
 和泉センターでは、平日の午前9時15分から午後5時まで、
  ホール・研修室等の施設を有料でお貸ししております。
  250名収容のORISTホールをはじめ各種の研修室(24名から90名まで収容)を、
  研修会などの目的にご利用いただけます。
  ご利用を希望される方は、下記の総合受付までご連絡ください。

  電話:0725-51-2525(総合受付:9:00~17:30)
  また、利用料金は下記のHP掲載しております
  http://tri-osaka.jp/c/riyou_annai/shisetsu_ryokin.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールは、
当研究所の催事に参加いただいた方、 顧客サービスセンターに登録された方、
ホームページ上でメール配信を希望された方へ送信させて頂いております。
またこのメールは送信専用アドレスから配信しております。
お申し込み、お問い合わせには利用できませんのでご注意ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地方独立行政法人 大阪産業技術研究所 和泉センター( http://tri-osaka.jp/ )
メールの送信を中止する場合は、冒頭に”解除希望”と記載いただき、
このメール文面をそのままご返信ください。