地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所

アクセス 研究 依頼試験 設備使用 技術相談

TRIダイレクトメールニュース バックナンバー(18)

2016年12月8日発行:[TRI-Direct News] No.1448:機器利用技術術講習会、依頼試験技術講習会のご案内「イオンクロマトグラフ(簡易型)」、他5件 配信数:11,968件  
[TRI-Direct News] No.1448:機器利用技術術講習会、依頼試験技術講習会のご案内「イオンクロマトグラフ(簡易型)」、他5件 配信数:11,968件
このメールは送信専用アドレスから配信しております。
このメールのアドレスに返信されても申込はできませんのでご注意ください。
お申し込み、お問い合わせはそれぞれの窓口にお願いします。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 産技研からのお知らせ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

######################################################################
【1】機器利用技術術講習会、依頼試験技術講習会のご案内
######################################################################

                  (地独)大阪府立産業技術総合研究所
                   顧客サービス室 業務推進課
                   
                    和泉市あゆみ野2-7-1
                     TEL 0725-51-2518

  お申し込みはメール(fukyu@tri-osaka.jp)かFAX(0725-51-2520)
 でお願いします。
 
 ■電子メールでお申し込みの場合は、
 (1)会社名
 (2)所在地
 (3)参加者の所属、役職、氏名
  (TRIカードをお持ちの方は、K番号もお知らせ下さい。)
 (4)連絡先 TEL、FAX(お持ちの場合)
 (5)開催回数が複数の講習会の場合は希望日程の第1希望、第2希望など
 を電子メールにてお知らせください。
 
 もしくは、メールの本文にあります《申込書》をコピーしてご利用下さい。

  受講者は先着順で決定します。受講票は発行いたしません。返信で受付を
 お知らせします。講習会によっては、すぐに定員に達する場合がございます。
 定員を超えた場合はキャンセル待ちにて受付いたします。

 ※ 受講にはTRIカード(白色)が必要です。
  まだお持ちでない方は、受付の返事の際、申し込み方法をご連絡いたします。
  
 <お願い>
 開催日当日の参加取消しやキャンセルのご連絡なしでご欠席される場合は、
今後のお申込をお断りする場合がございます。
 ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセルのご連絡をお願いいたします。

◆--------------------------------------------------------------------
|《再案内》※まだ定員まで余裕がございます。
|申込状況の確認はこちら:http://tri-osaka.jp/c/seminar/seminar.html

| 「消臭・脱臭・芳香性能試験」
|               (開催日:H28/12/9,12,13)

| 当所では、消臭・脱臭製品の開発を支援するために、アンモニアや硫化水
|素などの悪臭ガスに対する消臭・脱臭性能試験を依頼試験として多数実施し
|ています。液体噴霧タイプ、固体(粉末、固形物)、電気機器(空気清浄機)
|など様々な形状の試料について、サンプリングバッグやステンレスチャンバ
|ーを用いる静置法と、悪臭ガスを流し続ける連続通気法により試験を行って
|います。悪臭ガスの濃度やニオイの強さの測定には、ガス検知管、ポータブ
|ル型ガスセンサ、におい識別装置、およびガスクロマトグラフ質量分析計
|(GC/MS)を用いています。また、芳香製品の香りの放散持続性の評価は、
|ADPAC 20Lチャンバーシステムを用いて実施しています。
| 本講習会では、消臭・脱臭・芳香製品の性能試験にご関心がある方を対象
|とし、当所が実施している試験方法を、簡単な実演を交えながらわかりやす
|く説明いたします。

|  詳細は下記URLをご覧ください。 (参加申込み書:PDFファイル)
| http://tri-osaka.jp/c/content/files/s/H28/H281209-syosyu.pdf

|--------------------------------------------------------------------
|<機器利用技術講習会>
|「摂動法誘電率測定治具およびネットワークアナライザ(10MHz~67GHz)」
|               (開催日:H28/12/15)

| 空洞共振器摂動法と呼ばれる方法により、被測定物のマイクロ波における
|誘電率(複素比誘電率)を測定する方法です。空洞共振器の試料挿入孔に、
|棒状の試料を挿入したときの共振周波数およびQ値の変化と、試料の断面積
|から誘電率や誘電損失(tanδ)を求めます。共振周波数とQ値の測定には、
|ネットワークアナライザを使用します。
| 空洞共振器は、1.0、2.0、2.45、3.0、5.0、5.6、10.0、20.0 GHzの8種類が
|あり、標準の測定プログラムを使用する場合、これらの周波数における誘電率
|の測定が可能です。また、産技研で開発した計測プログラムを使用する場合は、
|これらの周波数以外の共振周波数を利用した測定も可能です。
| 講習では、受講される方が用意する試料を使った実習が可能です。この機会
|にぜひ、ご持参ください。ただし、試料の持ち込みを希望される方は、申込み
|の際に下記講習担当者までお問い合わせください。また当日は、試験や測定に
|関する技術相談にも対応いたします。

|  詳細は下記URLをご覧ください。 (参加申込み書:PDFファイル)
http://tri-osaka.jp/c/content/files/s/H28/H281215-dielectric.pdf

|--------------------------------------------------------------------

《NEW》
<機器利用技術講習会>
(1)----------------------------------------------------------------
|「イオンクロマトグラフ(簡易型)」
|               (開催日:H28/12/22)

|  詳細は下記URLをご覧ください。 (参加申込み書:PDFファイル)
| http://tri-osaka.jp/c/content/files/s/H28/H281222-ionchro.pdf
|--------------------------------------------------------------------
|申込状況の確認はこちら:http://tri-osaka.jp/c/seminar/seminar.html

|●内容:
| 水中のイオンの種類とその濃度は、様々な化学的挙動に影響を与えるため、
|それらを定性、定量分析することは非常に重要であり、環境問題、産業活動
|など幅広い分野でイオンの分析が行われています。さらに、腐食原因の解明、
|プラスチック、金属などからの溶出物質の分析、半導体表面の汚染物質の分
|析など様々なトラブル解決のためにイオン分析が活躍しています。イオンの
|中でも、ハロゲン化物、硝酸、硫酸などの無機陰イオンや、ナトリウム、カ
|リウム、アンモニウムなどの小さな陽イオンは工業的に重要な役割を果たし
|ていますが、一般的な化学分析では定量が困難です。しかし今回紹介するイ
|オンクロマトグラフ分析装置では、これら多数のイオンの定量分析が比較的
|容易に行えるため、多くの分野で広く応用されています。
| 本講習会では、装置の概要(装置構成、仕様など)について簡単に説明し
|た後、実際の分析の一例として当研究所の装置を用いた、水道水の測定につ
|いての実習を行います。

|●対象機器:イオンクロマトグラフ(簡易型)

|●日時:平成28年12月22日(木) (1)9:45~ (2)13:45~
|      (講習時間は約2時間です。)
|●場所:(地独)大阪府立産業技術総合研究所
|    (和泉市あゆみ野2-7-1  電話:0725-51-2518)
|●定員:各コースとも3名
|●費用:無料

|《申込書》
|--------------------------------------------------------------------
|テーマ「イオンクロマトグラフ(簡易型)」
|・会社名:
|・所在地:〒
|・連絡先:電話           FAX
|・参加者:所属:     役職:     氏名:     (K________)
|・希望コース:第1希望:    第2希望:
|------------------------------------------------------------------

======================================================================






〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 その他のお知らせ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

######################################################################
【2】平成28年度 産官金ネットワークによる産総研・公設試の橋渡し機能
   強化事業「第2回 公設試等シーズ発表会」開催のご案内
   
詳細は下記URLをご覧ください。 (開催日:H29/1/20)
http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/sangiren/seeds-matching2016no2.html
【近畿経済産業局】からのお知らせ 
######################################################################

 近畿経済産業局では、平成28年度「産官金ネットワークによる産総研・公設
試の橋渡し機能強化事業」の一環として、産総研・関西センター及び関西地域
7府県の公設試等が保有する技術シーズからマッチングが有望な「繊維・樹脂
分野」の技術シーズを中小企業の皆様にご紹介します。
 さらに、新たなビジネスや商品開発をお考えの中小企業の皆様には、当該技
術シーズを活用して頂くための相談会をも実施しますので、奮ってご参加くだ
さい。
(注)公設試とは、地方自治体が設置した試験研究機関である公設試験研究機
関の略称です。企業の抱える課題を解決するため、一番身近で利用しやすい機
関として設置されています。

★第2回公設試等シーズ発表会概要

1.日 時:2017年1月20日(金)13:00~16:30(受付開始:12:30~ )
2.会 場:ドーンセンター 4F
(〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号)
3.対象者:中小・ベンチャー企業など
4.主 催:経済産業省 近畿経済産業局
5.定 員:60名
6.参加費:無料
7.事務局:公益財団法人 新産業創造研究機構
8.申込み:事務局HPをご覧ください
http://www.niro.or.jp/ch-matching28-02/

本事業は経済産業省近畿経済産業局が主催する「平成28年度産官金ネットワー
クによる産総研・公設試の橋渡し機能強化事業」(注1)の一環で、(公財)
新産業創造研究機構は、実施機関として本事業を請け負っております。
(注1)
URL:http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/sangiren/hashiwatashi2016.html
=====================================================================

######################################################################
【3】大阪府電磁波利用技術研究会 第3回 EMCセミナー
    『LTspiceと電源設計(導入編)』のご案内 (開催日:H28/12/16)

 詳細は下記URLをご覧ください。
   http://tri-osaka.jp/group/infoele/life/emat/society/index.html
  【大阪府電磁波利用技術研究会】からのお知らせ 
######################################################################

 現在の電気回路設計において、電源の選定・設計は重要性を増しております。
そこで今回は、『電源はアナログ設計なので手を出せないでいる』という初心
者の方向けの講座をご用意いたしました。回路シミュレータ LTspiceの演習を
通して、電源の選定方法や設計時の注意点、ノイズ対策について実践的に学ん
でいただきます。

・開催場所 : 大阪府立大学 I-siteなんば カンファレンスルーム A1
     (大阪市浪速区敷津東二丁目1番41号 南海なんば第1ビル2階)
      http://www.osakafu-u.ac.jp/isitenanba/
・開催日時 : 平成28年12月16日(金) 午後1時~午後5時 (午後0時開場)
・参 加 費 : 無料
・定   員 : 50名
・共   催 :大阪府立大学 大学院工学研究科 電気情報システム工学分野
・ご注意点 :
講座でシミュレータLTspiceをインストールしたPCを用います。事務局でも
ご用意しますが数に限りがございますので、なるべくインストール済のPCを
ご持参いただきますようお願いいたします。
(インストール手順を後述しております)
・申し込み :
12月9日(金)までに、以下の連絡先までお申込みください。
電話でのお問い合わせは、(地独)大阪府立産業技術総合研究所の担当職員まで
お願い致します。(電話 0725-51-2525)
  <E-Mail> denjiha@dantai.tri-osaka.jp
  <本セミナー申込み専用ページ> https://jp.surveymonkey.com/r/RBKDPFS

【セミナー内容】
・講   師:株式会社アルティマ 貝野 陽一 氏
・概   要:
 第1部:DC/DC設計ガイド (午後1時~午後3時)
 1. LTC 製品を使用した機能説明
 2. 周辺部品の選定・回路設計方法
 3. 熱設計
 4. レイアウトの注意点について

 第2部:LTspiceの使い方 (午後3時~午後5時)
 1. LTspice とは
 2. LTspice の導入方法
 3. LTspice の始め方
 4. シミュレーション実行と結果
 5. BOM の生成・効率の出し方
 6. 電源評価項目
 7. 過渡応答シミュレーション
 8. 他社 SPICE Model のインポート

【PCへのLTspiceインストール手順】
(1)Linear-technology 社のホームページをご覧ください。
 http://www.linear-tech.co.jp/
『リニアテクノロジー』 『Linear Technology』などで検索されても結構です。

(2)上記ホームページ右側に『LTspice』という欄があり、そこに青字で書かれた
 ダウンロードページへのリンクがあります。ご自身のPC、OSに適合したものを
 ダウンロードしてください。バージョンが『LTspice XVII』と『LTspice IV』
 の2つございますが、どちらのバージョンをインストールいただいても講義・
 実習内容に影響はございません

(3)ダウンロードしたファイルを実行していただければインストール完了です。

ご不明な点があれば研究会までご連絡ください。研究会でもインストールPCを
ご用意いたしますので、ご入用の場合はお問い合わせください。
======================================================================

######################################################################
【4】◆MOBIO-cafe
ベテラン社員が持つノウハウの守り方と上手な承継方法
(開催日:H28/12/13)
 
詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail/000855.html
  【ものづくりビジネスセンター大阪(MOBIO)】からのお知らせ
######################################################################

ベテラン社員が長年培った技術やノウハウは会社にとって重要な財産です。
ノウハウを持つ社員が他社に移ってしまうと抜けた穴を埋めるだけでなく、
自社の技術などが他社に持って行かれる可能性もあります。
本セミナーでは、目に見えない会社の財産である技術やノウハウの見つけ方、
守り方、承継の仕方について、具体例を示しながら詳しく解説します。
ご関心のある中小企業の方のご参加をお待ちしております。

【日 時】 平成28年12月13日(火) 18:30~20:00(セミナー)
                    20:00~21:00(交流会)
【場 所】 ものづくりビジネスセンター大阪(MOBIO)北館3階 309号室
【講 師】 大森勇弁理士(大森特許事務所)
【参加費】 無料(交流会参加者は1,000円/人)
【対 象】 ものづくり中小企業、支援金融機関など
【定 員】 30名(先着順・定員に達し次第、締め切らせていただきます)
【お問合せ先】 ものづくりビジネスセンター大阪(南浦・藤原)
       電話:06-6748-1052  FAX:06-6748-1062

詳しくは、MOBIOのホームページをご覧ください。
http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail/000855.html
======================================================================

######################################################################
【5】<<セミナー>>【ものづくり経営力強化セミナー】
   "ものづくり×ダイバーシティ"多様な人材の活用で企業を活性化!

 詳細は書きURLから
 https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=22193

  【大阪産業創造館】からのお知らせ (開催日:H28/12/13)
######################################################################

女性経営者で組織する任意団体「ものづくりなでしこ」の代表幹事
渡邊弘子氏を講師に迎え、女性活躍・外国人雇用など「ダイバーシティ経営」
を進めるポイントを紹介。また、なでしこ参画女性経営者とのパネル
トークを通して仕組みづくりを考える。

●日時 12月13日(火) 14:00-16:00 
●場所 大阪産業創造館6F 会議室E
●費用 2,000円/名 
●申込 上記のURLからオンラインにてお申し込み下さい。
●問合 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局 TEL:06-6264-9911
●主催 大阪産業創造館(公益財団法人大阪市都市型産業振興センター)
======================================================================

######################################################################
【6】<<セミナー>>【ヘルスケアセミナー】
 機能性表示食品制度の現状と今後のビジネス動向

 詳細は下記URLから
 https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=22510
  【大阪産業創造館】からのお知らせ (開催日:H28/12/15)
######################################################################

2016年4月施行の機能性表示食品制度を取り上げ、(株)ヘルスビジネス
マガジン社の大矢社長が登壇し、同制度の現状と今後のビジネス動向に
迫るセミナー。中小企業参入の余地、ビジネスとしての可能性を探る。

●日時 12月15日(木)14:00-16:30 ※16:00-16:30 名刺交換会 
●場所 大阪産業創造館4F イベントホール
●費用 無料 
●申込 上記のURLからオンラインにてお申し込み下さい。
●問合 大阪産業創造館イベント・セミナー事務局 TEL:06-6271-0303
●主催 大阪市・公益財団法人大阪市都市型産業振興センター
======================================================================

◆--------------------------------------------------------------------
《施設開放(貸ホール・貸研修室)のご案内》
 産技研では、平日の午前9時15分から午後5時まで、
  ホール・研修室等の施設を有料でお貸ししております。
  250名収容のTRIホールをはじめ各種の研修室(24名から90名まで収容)を、
  研修会などの目的にご利用いただけます。
  ご利用を希望される方は、下記の総合受付までご連絡ください。

  電話:0725-51-2525(総合受付:9:00~17:30)
  また、利用料金は下記のHP掲載しております
  http://tri-osaka.jp/c/riyou_annai/shisetsu_ryokin.html
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールは、
当研究所の催事に参加いただいた方、 顧客サービスセンターに登録された方、
ホームページ上でメール配信を希望された方へ送信させて頂いております。
またこのメールは送信専用アドレスから配信しております。
お申し込み、お問い合わせには利用できませんのでご注意ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所( http://tri-osaka.jp/ )
メールの送信を中止する場合は、冒頭に”解除希望”と記載いただき、
このメール文面をそのままご返信ください。

はじめてご利用の方へ
  • サイバーセキュリティ啓発
  • ものづくり設計試作支援工房
  • 開放研究室公募
  • 電子・光機器評価支援センター
  • 技術講習・技術セミナー開催案内
  • 基本理念
  • 開放研究室
  • ワンデイサービス
  • メールマガジン
  • 産技研PR動画
  • 各種パンフレット
  • 蔵書検索