地方独立行政法人大阪産業技術総究所

アクセス 研究 依頼試験 装置使用 技術相談

TRIダイレクトメールニュース バックナンバー(17)

2017年2月15日発行:[TRI-Direct News] No.1459:機器利用技術術講習会のご案内「元素分析付高分解能電界放出型走査電子顕微鏡(FE-SEM)」、他3件 配信数:12,021件  
[TRI-Direct News] No.1459:機器利用技術術講習会のご案内「元素分析付高分解能電界放出型走査電子顕微鏡(FE-SEM)」、他3件 配信数:12,021件
このメールは送信専用アドレスから配信しております。
このメールのアドレスに返信されても申込はできませんのでご注意ください。
お申し込み、お問い合わせはそれぞれの窓口にお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 産技研からのお知らせ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


######################################################################
【1】機器利用技術術講習会のご案内
---------------------------------------------------------------------
☆《 開催日 (1):H29/2/21,22, (2):H29/2/23,24 》
######################################################################

                  (地独)大阪府立産業技術総合研究所
                   顧客サービス室 業務推進課
                   
                    和泉市あゆみ野2-7-1
                     TEL 0725-51-2518

  お申し込みはメール(fukyu@tri-osaka.jp)かFAX(0725-51-2520)
 でお願いします。
 
 ■電子メールでお申し込みの場合は、
 (1)会社名
 (2)所在地
 (3)参加者の所属、役職、氏名
  (TRIカードをお持ちの方は、K番号もお知らせ下さい。)
 (4)連絡先 TEL、FAX(お持ちの場合)
 (5)開催回数が複数の講習会の場合は希望日程の第1希望、第2希望など
 を電子メールにてお知らせください。
 
 もしくは、メールの本文にあります《申込書》をコピーしてご利用下さい。

  受講者は先着順で決定します。受講票は発行いたしません。返信で受付を
 お知らせします。講習会によっては、すぐに定員に達する場合がございます。
 定員を超えた場合はキャンセル待ちにて受付いたします。

 ※ 受講にはTRIカード(白色)が必要です。
  まだお持ちでない方は、受付の返事の際、申し込み方法をご連絡いたします。
  
 <お願い>
 開催日当日の参加取消しやキャンセルのご連絡なしでご欠席される場合は、
今後のお申込をお断りする場合がございます。
 ご欠席される場合は必ず前日までにキャンセルのご連絡をお願いいたします。

《NEW》
<機器利用技術講習会>
(1)----------------------------------------------------------------
|   「元素分析付高分解能電界放出型走査電子顕微鏡(FE-SEM)」
|               (開催日:H29/2/21,22)

|  詳細は下記URLをご覧ください。 (参加申込み書:PDFファイル)
| http://tri-osaka.jp/c/content/files/s/H28/H290221-FE-SEM.pdf
|--------------------------------------------------------------------
|申込状況の確認はこちら:http://tri-osaka.jp/c/seminar/seminar.html

|●内容:
| 元素分析付高分解能電界放出型走査電子顕微鏡は、冷陰極電界放出型電子
|銃を有する高分解能電界放出型走査電子顕微鏡(日立ハイテク社製S4800)
|及びエネルギー分散型X線分析装置(エダックスジャパン製Genesis XM2)
|で構成されており、電子顕微鏡像観察とX線分析を簡便かつ短時間で行えま
|す。サンプル表面のダメージを抑えつつ高分解能での表面形態観察と構成元
|素の分析が可能なので、異物分析、破面観察、材質分析を通して、下記のよ
|うな製品開発や品質管理、トラブル対策に有効です。
| ・有機・高分子化学分野:
|    プラスチックの表面・破面の観察、各種材料の形態観察
| ・金型、成形品等のトラブル対策:
|    金型、プラスチック成形品等の異物、付着物の分析
| ・半導体分野:基板やウエハーの不良箇所の特定、トラブル対策
| ・ナノテク分野での研究開発:
|    各種先端材料やデバイス、ナノ材料の評価、分析
| 試料の最大サイズはφ60mm、厚さ10mm。元素分析の検出範囲はホウ
|素(B)~ウラン(U)までで、点、線、面分析が可能です。
| 本講習会は、初めて電子顕微鏡を扱う方を対象に、機器の原理から観察、
|分析方法までの講習を行います。講習は1社毎に実施しますので、会社から
|持ち込まれる試料(1~2点)を使った実習も可能です。ただし、試料の種類
|や形状によっては観察等ができない場合がありますので、ご了承下さい。ま
|た、収集したデータをお持ち帰りいただくため、CD-Rを1枚ご準備ください。
|なお、試料等に関するご質問は、講習担当者までお問い合わせください。

|●対象機器:元素分析付高分解能電界放出型走査電子顕微鏡
|●日時:平成29年2月21日(火) (1)9:50~ (2)13:50~
|    平成29年2月22日(水) (3)9:50~
|     (講習時間は約2時間です。)
|●場所:(地独)大阪府立産業技術総合研究所
|    (和泉市あゆみ野2-7-1  電話:0725-51-2518)
|●定員:各コースとも1社のみ。参加人数は1社3名まで。
|●費用:無料

|《申込書》
|--------------------------------------------------------------------
| テーマ「元素分析付高分解能電界放出型走査電子顕微鏡」
|・会社名:
|・所在地:〒
|・連絡先:電話           FAX
|・参加者:所属:     役職:     氏名:     (K________)
|・希望コース:第1希望:    第2希望:
|------------------------------------------------------------------

《NEW》
<機器利用技術講習会>
(2)----------------------------------------------------------------
|   「UV-Vis-NIR分光光度計(粉末試料の反射率測定)」
|               (開催日:H29/2/23,24)

|  詳細は下記URLをご覧ください。 (参加申込み書:PDFファイル)
| http://tri-osaka.jp/c/content/files/s/H28/H290223-UVVis.pdf
|--------------------------------------------------------------------
|申込状況の確認はこちら:http://tri-osaka.jp/c/seminar/seminar.html

|●内容:
| UV-Vis-NIR(紫外-可視-近赤外)分光光度計は、紫外~近赤外領域までの
|吸光度・透過率・反射率を測定する装置です。本装置は従来の有機化合物の
|構造解析や比色分析だけでなく、半導体、薄膜、ガラス材料、吸収材など固
|体の反射率,透過率測定による光学特性評価を行うことが可能です。試料へ
|の入射角を任意に変化させながら、反射率および透過率を測定できる可変角
|絶対反射測定装置を備え付けていますので、光学特性の角度依存性を詳細に
|評価することできます。
| 今回、新たに粉末試料用ホルダを導入しました。従来の積分球用試料皿で
|は、粉末試料を充填するのに時間がかかり、試料が脱落することがありまし
|た。この粉末試料用ホルダには石英製窓が付いているため、試料の充填が容
|易であり、試料の脱落を心配する必要がなく、簡便に粉末試料の評価をする
|ことができます。
| 本講習会では、装置の概要を説明した後、フィルムなどの固体試料の透過
|・反射率測定、粉末試料の反射率測定を行います。

|●対象機器:UV-Vis-NIR分光光度計(紫外可視近赤外分光光度計)
|●日時:平成29年2月23日(木) (1)10:20~ (2)13:20~ (3)15:20~
|    平成29年2月24日(金) (4)10:20~ (5)13:20~ (6)15:20~
|     (講習時間は約1時間です。)
|●場所:(地独)大阪府立産業技術総合研究所
|    (和泉市あゆみ野2-7-1  電話:0725-51-2518)
|●定員:各コースとも1社のみ。参加人数は1社3名まで。
|●費用:無料

|《申込書》
|--------------------------------------------------------------------
| テーマ「UV-Vis-NIR分光光度計(粉末試料の反射率測定)」
|・会社名:
|・所在地:〒
|・連絡先:電話           FAX
|・参加者:所属:     役職:     氏名:     (K________)
|・希望コース:第1希望:    第2希望:    第3希望:
|------------------------------------------------------------------
======================================================================

######################################################################
【2】大阪府立産業技術総合研究所・大阪商工会議所 主催
   ライフ&メディカルイノベーションプロジェクト シンポジウム
  「医工連携の推進による暮らしやすい生活環境、優れた看護現場の提供」
---------------------------------------------------------------------
☆(開催日:H29/3/23)
######################################################################
 大阪府立産業技術総合研究所では、平成28年度から、医療・福祉・工業技術
の連携による先端医療および高機能福祉機器(用具・材料)の開発・評価を目
的に、ライフ&メディカルイノベーションプロジェクトを実施しています。
 このたび、医療機器ビジネスへの参入などを支援している大阪商工会議所と
ともに、以下のとおりシンポジウムを開催いたします。本シンポジウムでは、プ
ロジェクトの成果として、持続可能な社会および安全・安心で質の高い健康生
活を実現するために必要なソリューション・新製品開発・新評価技術について
報告いたします。
 皆様のご参加をお待ちしております。


【日時】平成29年3月23日(木)13:00~17:00

【場所】大阪商工会議所 401号会議室(大阪市中央区本町橋2番8号)
   (大阪市営地下鉄「堺筋本町」駅または「谷町四丁目」駅より徒歩7分)

【参加費】無料(定員120名)

【プログラム・申込み方法】
プログラムおよび申込み方法等については下記ホームページをご覧ください。
http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201701/D22170323017.html

【お問い合わせ】
(講演内容関連)大阪府立産業技術総合研究所 経営戦略課
        TEL:0725-51-2511
(申込・会場関連)大阪商工会議所 経済産業部 産業・技術・水ビジネス振興担当
        TEL:06-6944-6300 FAX:06-6944-6249

======================================================================





〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 その他のお知らせ 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

======================================================================
######################################################################
【3】サイバーセキュリティ対策に関する大阪府警からの情報提供 vol.1
   ウイルス感染を目的としたウェブサイト改ざんの対策について
   平成29年2月2日 警察庁広報資料
######################################################################

 平成29年1月17日に締結した大阪府警との連携協力協定に基づいて、今後、
大阪府警から提供されたサイバーセキュリティ対策関連の情報を逐次提供しま
す。今回は第一弾です!

----------------------------------------------------------------------
 『ウイルス感染を目的としたウェブサイト改ざんの対策について』

1 背景
  一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(JC3)と連携した分析により、
 平成28年9月頃から、「RIG-EK」と呼ばれる攻撃ツールが組み込まれたサイ
 トに誘導するよう改ざんされたウェブサイトが急増していることが確認され
 た。

2 改ざんウェブサイトアクセスによるウイルス感染の仕組み
 (1) 正規のウェブサイトに設置されたファイルを改ざんして不正な文字列を
  挿入し、これにより、当該ウェブサイトにアクセスをした者を「RIG-EK」
  の組み込まれた別のサイトに誘導する。
 (2) 当該サイト閲覧者の端末に脆弱性を悪用する指令をダウンロードさせ
  る。
 (3) 当該指令により閲覧者の端末を不正に操作し、ランサムウェアや不正送
  金ウイルスをダウンロードさせて、端末に感染させる。

3 対策
  管理者及び一般ユーザによる未然防止対策として、以下の対策を推奨。
 (1) サイト管理者及びサーバ管理者によるウェブサイト改ざん対策
  ・OSを含む各種ソフトウェアの最新の状態へのアップデート
  ・コンテンツ管理システムの最新版の導入
  ・ログインパスワードについて、推測が容易なものを避けるほか、定期的
   な変更
 (2) 一般ユーザによるウイルス感染対策
  ・OSを含む各種ソフトウェアの最新の状態へのアップデート
  ・ウイルス感染ソフトの導入及び最新の状態へのアップデート
----------------------------------------------------------------------
======================================================================

######################################################################
【4】◆MOBIO-cafe
======================================================================
優秀な社員の採用、育成から円満にご退職いただくまで
======================================================================
【ものづくりビジネスセンター大阪(MOBIO)】からのお知らせ
☆(開催日:H29/2/20)
######################################################################

 雇用環境が超売り手市場にある中で、思うような人材が集まらないご時勢と
なっております。また、せっかく育てた人材がすぐにやめてしまうケースや、
社員が退職する際に、きちんとした手続きをしないとあとで解雇問題に発展す
るだけでなく、自社のノウハウが、辞めた社員を通じて他社へ流れてしまうリ
スクも存在します。
本セミナーでは知財面を中心に、社員の採用時や退職時の契約において気をつ
けなければならない点や、情報漏えいに対する社員の意識向上方法について、
わかりやすく解説します。

【日 時】平成29年2月20日(月)18:30~20:00(セミナー)20:00~21:00(交流
会)
【場 所】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)北館3階309号室
【講 師】福崎 浩 弁護士(弁護士法人天満法律事務所)
【参加費】無料(交流会参加者は1,000円/人)
【対 象】ものづくり中小企業、支援機関など
【定 員】30名(先着順・定員に達し次第、締め切らせていただきます)
【主 催】MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)
【問合先】ものづくりビジネスセンター大阪(藤原・眞鍋)
     電話:06-6748-1052 FAX:06-6748-1062

詳しくは、MOBIOのホームページをご覧ください。
http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail/000926.html
======================================================================

◆--------------------------------------------------------------------
《施設開放(貸ホール・貸研修室)のご案内》
 産技研では、平日の午前9時15分から午後5時まで、
  ホール・研修室等の施設を有料でお貸ししております。
  250名収容のTRIホールをはじめ各種の研修室(24名から90名まで収容)を、
  研修会などの目的にご利用いただけます。
  ご利用を希望される方は、下記の総合受付までご連絡ください。

  電話:0725-51-2525(総合受付:9:00~17:30)
  また、利用料金は下記のHP掲載しております
  http://tri-osaka.jp/c/riyou_annai/shisetsu_ryokin.html
----------------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールは、
当研究所の催事に参加いただいた方、 顧客サービスセンターに登録された方、
ホームページ上でメール配信を希望された方へ送信させて頂いております。
またこのメールは送信専用アドレスから配信しております。
お申し込み、お問い合わせには利用できませんのでご注意ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所( http://tri-osaka.jp/ )
メールの送信を中止する場合は、冒頭に”解除希望”と記載いただき、
このメール文面をそのままご返信ください。